ボルトとナットの使い方【用途に合わせて未来を建築しちゃおう】

ボルト

様々な種類

ネジ

キャップボルドという種類があります。この種類は様々な建築現場で活躍しています。また、キャップボルドの素材には種類があり、種類によって適している環境があるため、キャップボルドを購入する際は素材について調べることも大切です。

カタログをチェック

ネジ

ねじはたくさんの種類があります。その一つ一つの種類によって使う用途が違うため、ねじを手に入れる際には使う場所に適している物を見極めないといけません。また、ねじの種類を一気にチェックができるカタログがあります。

一般的に使われる

様々な種類のボルトやナットを販売しているのがこちらのサイトです。カタログを無料で配送しているので、まずはチェックしてみましょう!

ネジ

ナットにも様々な種類がありますが、一般的に有名なものが六角ナットです。六角ナットとはどのようなものかというと、部品と部品を繋げるときに活用されるナットであり、六角ナット一つを使って何かを作ることはできません。また、六角ナットなどを締める際には專門の道具を使わないといけません。手で締めてもしっかりと締めることができなくてナットで固定しているボルトなどが取れてしまう危険性もあるのです。そのため、ボルトなどをナットで締める際にはスパナと言われる專門の道具を使いましょう。スパナとは、カニの爪のような形をしており、スパナについているボルトを回すことで挟む幅を自由に選ぶことができるのです。そのため、様々な大きさがあるナットに一つのスパナで締めることが可能です。他にも、六角ナットには一種、二種、三種という種類があります。一般的に使われている六角ナットの種類は一種と言われる物であり、この種類の場合は片方だけに面取りがついているのが特徴となっています。二種の場合は、一種と違い両方に面取りがついているのが特徴となっています。最後の三種の場合は他の種類と比べて薄いという特徴があるのです。このように同じ六角ナットでも種類に違いがあるため、利用する際にはそれぞれの用途に適した種類を選ぶことも大切です。

様々な業者が利用するボルトになるのが六角ボルトです。この六角ボルトを利用する際に注意する点があります。それは、「半ねじ」と「全ねじ」の種類です。この二つは同じ六角ボルトの種類になるのですが、形が大きく違うためしっかりと理解することが大切となります。六角ボルトの半ねじの場合は、全てがねじ部分というわけではありません。一部分だけねじではなくなっているという特徴があります。全ねじは、全部がねじとなっている特徴があるのです。そのため、多くの業者では六角ボルトを購入する際に、半ねじと全ねじを間違って取り寄せることが多いです。そのため、注文する際には半ねじか全ねじなのかを確認することは大切となります。

回転を滑らか

ベアリング

ベアリングという部品があります。この部品を使うことで回転という行動を滑らかにできます。そのため、様々な物に使われている部品になるのです。また、ベアリングは定期的に点検をしないと壊れてしまうという特徴もあります。